Slope surface repair method

法面の改修方法

Abstract

【課題】法面に吹付けられたモルタルまたはコンクリートからなる保護層に発生した亀裂から雨水等の侵入を防止し、保護層の塩害や中性化等の劣化を抑制し、さらに、これらの劣化によって保護層が剥落するのを防止する法面の改修方法を提供する。 【解決手段】本実施形態の法面の改修方法は、法面1aに吹付けられたモルタルまたはコンクリートからなる保護層2の表面に延命層3を積層することによって、保護層2に発生した亀裂からの雨水等の侵入を防ぎ、保護層2の劣化を抑制し、保護層2からのモルタル片またはコンクリート片の剥落を防止する法面の改修方法であって、延命層3として、0.8mm以上の亀裂追従性、遮塩性および中性化阻止性を有する塗膜層を形成することを特徴とする。 【選択図】図1
PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a slope surface repair method that prevents seeping of rainwater and others from a crack developed on a protective layer of mortar or concrete sprayed on a slope surface, suppresses deterioration of the protective layer caused by brine damage, neutralization, etc., and furthermore prevents peeling of the protective layer due to the deterioration.SOLUTION: A slope repair method according to the embodiment prevents seeping of rainwater and others from a crack developed on a protective layer 2, suppresses deterioration of the protective layer 2, and prevents peeling of a mortar piece or a concrete piece from the protective layer 2, by laminating a life-prolongation layer 3 on a surface of the protective layer 2 of mortar or concrete sprayed on a slope surface 1a. A coating layer having a crack followability of 0.8 mm or more, brine shielding property and neutralization prevention property is formed as the life-prolongation layer 3.SELECTED DRAWING: Figure 1
【課題】法面に吹付けられたモルタルまたはコンクリートからなる保護層に発生した亀裂から雨水等の侵入を防止し、保護層の塩害や中性化等の劣化を抑制し、さらに、これらの劣化によって保護層が剥落するのを防止する法面の改修方法を提供する。【解決手段】本実施形態の法面の改修方法は、法面1aに吹付けられたモルタルまたはコンクリートからなる保護層2の表面に延命層3を積層することによって、保護層2に発生した亀裂からの雨水等の侵入を防ぎ、保護層2の劣化を抑制し、保護層2からのモルタル片またはコンクリート片の剥落を防止する法面の改修方法であって、延命層3として、0.8mm以上の亀裂追従性、遮塩性および中性化阻止性を有する塗膜層を形成することを特徴とする。【選択図】図1

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle

NO-Patent Citations (0)

    Title

Cited By (0)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle